ATOS接近チャイム・メロディー
ATOSの接近チャイムやメロディーをスマホ(スマートフォン)のアンドロイド・iPhoneや携帯(ガラケー)にダウンロードして着信音に設定しよう

↓スマホ・携帯からアクセス!
ATOS接近チャイム・メロディー


ATOSのお気に入りの駅メロの接近チャイムや接近メロディーをダウンロードしてスマホ(スマートフォン)・アンドロイド・iPhoneや携帯(ガラケー)に着信音などに設定して楽しもう。

ちなみに駅メロにおけるATOSの位置としては、自動接近放送が一番なじみがあると思います。え?何の事かわからないって?

例えば首都圏、特に山手線などで「3番線に電車がまいります。。。」という機械的な声のアナウンスを聞いた事があると思うけど、あれがATOSの自動接近放送なのです。バージョンとしては男声Verと女声Verがあり、どちらも聞いた事があると思う。

またATOSの接近チャイムや接近メロディーも当然聞いた事があると思うし、ここで自分のスマホ(スマートフォン)・アンドロイド・iPhoneや携帯(ガラケー)にダウンロードする駅メロに関してのマニアック情報を届けますね。

昔からあるATOSの接近チャイムや接近メロディー。以前は山手線で使われていたのにいつの間にか違うVerに代わっている場合があるよね?その場合、旧Verはどうするかって?実は千葉県の外房線の某駅で聞いた事があり、懐かしさとともにびっくりしました!

また当然ATOSの接近チャイムやメロディーにも個性があり、首都圏で主に使われているけど、山手線と京浜東北線、または中央線では微妙に音質が違うのです。個人的な印象では京浜東北線のATOSの接近チャイムの方が少し音が低いような気がするのは?もちろんこれは個人的な印象です。

もちろんATOSを導入しているのは主に首都圏だから、地方(例えば東北地方・甲信越地方・関東を除く東海地方など。)の接近チャイムや接近メロディーは個性的な音が多いし、何となく人間くさい泥臭い音が多くて好きなのです。

ちなみにATOSを簡単に言うと、東京圏輸送管理システムの略で、JR東日本が首都圏を中心に導入しています。え?余計にわからない?つまり駅の自動放送や予告放送の事です。ほら!地方だと車掌さんや駅員さんが、アナウンスしたりするじゃない?まああれはあれで味があるとは思うけどね。

でも首都圏であの本数ではそんなのいちいちアナウンスできないので、首都圏は自動でアナウンスさせる方式に変わったのです。

ちなみに他に好きな音は、車内メロディー(車内放送の前に流れるアレ)や可愛い車内チャイム音、昔と違ってかなりテクノ的になった発車ベル(昔の発車ベルってひたすらうるさかった印象があるのです。)、また汽車の発車音や発着音も渋いよねー!


ATOS接近チャイム・メロディーメニュー
人気歌手の着うたフルや着メロをダウンロード


※ATOSの接近チャイムやメロディーダウンロードサイトはスマホ(スマートフォン)のアンドロイド・iPhone・携帯(ガラケー)のドコモ・AU・ソフトバンク・やPCに対応!
無料相互リンク